沖縄考201212 (1)波之上宮2014年12月24日

沖縄考2014.12.(1)波之上宮訪問

      2014年12月24日· · 沖縄県那覇市若狭1丁目25番11号

 2014年12月23日から27日まで、年末の沖縄を訪れました。
 24日に訪問した波之上宮。那覇市内の港を望む断崖上にある沖縄八社のうちのトップ(沖縄総鎮守・旧官幣小社)に位置づけられる神社。現宮司は渡慶次 馨 氏で、若いころ不思議な宗教体験をして神職の道を志し、國學院大學に学んで資格をとられたという。新年祝賀の準備でお忙しい中を、面会に応じていただき、境内も案内していただいた。また貴重な史料『沖縄縣神社庁史-設立二十年史』を貸していただき、心から感謝申し上げます。沖縄の神社の世界についての基礎を学ぶことができ、本土との相違がいくつもあることに気付きました。
 波之上宮の創建は古く、詳細は不明であるが、遥か昔の人々が海の彼方の海神の国(ニライカナイ)の神々に日々の風雨順和、豊漁と豊穣い祈る霊応の地が、この波之上の断崖絶壁で、ここを聖地、拝所としたのが始まりでないかとされている。現在も社殿裏の海に面する崖際に、海の西方の彼方を祈るための礎石が置かれている。その後、琉球王国が栄えた時代に琉球八社の制が整えられると、当宮がその第一の神社とされ、その地位は現在まで続いている。
 興味深いのは祭神で、主神はイザナミノミコト、ハヤタマヲノミコト、コトサカヲノミコトで、これらは熊野権現の神々である。相殿神として琉球の神・ヒヌカン(火の神)などが祀られている。縣護国神社以外の他の沖縄神社に共通してみられる特徴である。これらの神々が祀られるに至った経緯を調べえると、大和と琉球との興味深い事実が分かりそうである。
 本土復帰後の宗教法人としては、神社本庁を包括宗教法人とする被包括の単位法人になっていて、これは護国神社を除く、琉球八社は同じようである。

 波之上宮に関心を持ったのは、前回訪沖した際、沖縄県公文書館で占領下の登記資料を調べていた時、この神社が戦後の米統治下で境内地の返還をめぐって長い法廷闘争を行った事実を知ったからであった。その訴訟は本土復帰後に最高裁まで持ち込まれたが、結局、一部の土地は市のものになり、裏手の公園として整備されていた。
 今後、さらに勉強しなければならないことが、また山積みとなった。

画像は下記のfcebookにて紹介したあります。クリックして訪問してください。 
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.765332863560551.1073741846.100002515324683&type=1&l=a9a5b62441

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tnakano1947.asablo.jp/blog/2014/12/24/7536558/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。