島薗進『宗教を物語でほどく』(NHK出版新書、2016年)を読む2016年10月08日

島薗進『宗教を物語でほどく』(NHK出版)を読む。畏友・島薗さんの著作は多いが、本書は特に多くの啓発を受けた。アンデルセンから、放蕩息子の話など聖書や法華経の中の類似の物語、現代日本では石牟礼道子や遠藤周作までカバーしつつ、「死」「弱さ」「悪」「苦難」をテーマに語っている。

本書の全体テーマは、弱さ、死、苦難など様々な宗教に一貫して流れていた主題が、現代ではこれらの物語の中にこそある、ということでしょう。人は物語を読み、その世界に入り込んで、苦難などを乗り越えていく力を確かに得ている。その意味で物語は生きた宗教と言えます。

彼が若い頃から物語が好きで耽溺してた頃もあった等、著者の優しい人柄や人生もかいま見え、成る程なと納得する事も多々あった。彼の宗教学も、語り、教理など言説に焦点を当てたものが多いことも理解できた。勿論ここで語られた物語を(もう一度)読んでみたいと触発されたのは言うまでもない。

取上げられた本の解説や宗教性の抽出という著者の意図とは別に、本書から島薗さんの死生観、人生観、生き方を、それぞれの物語を借りて語っているように感じた。その意味で、彼の「語り」を、肉声を、直接聞いてみたくなったことは言うまでもない。おそらく、文章化されたものより、肉声での語りの方が魅力的であったでしょう。

本書で私が最も啓発された点は、むしろ物語こそ宗教である、物語から宗教が生まれたのではないかという着想である。近年、私は人類の進化と進化心理学に関心をもって宗教の誕生の秘密を考えているが(http://www.iisr.jp/journal/journal2014/Nakano.pdf)、言語を獲得した人類は様々な経験や考えを言葉で語り、仲間や後生に伝えていった。断片的な語りはやがて壮大な物語となって神話へ、宗教的物語へと発展していったと考えられる。

物語の魅力は、その世界に読者を誘い、あたかもそこに生きているかのように追体験させる点にある。宗教の世界も同様ではないだろうか。天地創造に始まる旧約聖書の物語、法華経の地球の倍ほどもある宝塔の出現、夥しい菩薩の大地からの登場など、ある意味、奇想天外で想像を絶する物語も、あたかも真実・現実であるかの雰囲気で記され、専門家によって朗唱され、そして神聖化や儀礼によって人々をその世界に誘い、そこに生きさせるのである。現代にまで続く宗教となるなためには、さらに聖典や典礼、専門家としての聖職者、教義体系、壮大な建造物など様々な装飾物が付け加えられていくのだが、原点は、物語であったのではないだろうか。

宗教は物語そのものであり、物語から生まれたのである。この仮説を、どのように証明するか、至難の業ではあろうが。島薗氏の著作から、大きな着想を得たことに感謝したい。啓発的な良書とは、このような本をいうのであろうか。

論文掲載「9.11同時多発テロとグローバル化」2015年11月19日

 旧稿ではありますが、創価大学社会学会機関誌『ソシオロジカ』(第31巻1-2合併号、2007年3月、1-29頁)に投稿した論文を、本ブログでダウンロード・閲覧できるようにしました。
創価大学の機関リポジトリから: http://hdl.handle.net/10911/2471
OneDriveから:https://1drv.ms/b/s!AgxuAU--OroagewPS3zENAMdAk9dUw (2011年に加筆修正して読みやすくした原稿です)

 ここに再掲した理由は、いうまでもなく、11月13日に発生したフランス・パリでの同時多発テロに触発され、また同時に、このテロの背景と実行犯たちの実像を、しっかりと見つめなければならないと痛感したからです。この論考では、グローバル化との関連でまとめましたが、同時に、リーダー格だったモハメド・アタをはじめ、19人の実行犯の生い立ちや出身地での生活などもできる限り調べ、彼らがテロに至った精神的闇を解明しようと努めました。そして歴史的には、第一次大戦後の英仏を中心とした中東分割支配、植民地主義に西欧への怒りの底流があることも分かりました。
 ここで理解したテロへの道程と、今回のテロには共通点とともに、大きな違いがあると感じています。それをこれから探求していきたいという想いから、再掲しました。

 先日13日のパリ同時多発テロは西側先進国において発生したものとしては、2001年9月11日のアメリカでのテロに匹敵する衝撃を世界に与えました。犠牲になられた多くの市民の皆様に心から哀悼の意を表します。
 同時に、その1日前にレバノンのベイルートで起こった自爆テロでも40人以上の一般市民が犠牲になっているにもかかわらず、ほとんど報道されませんでした。ベイルートの人々が怒りと疑問を声にし出したことも、細々とSNSで伝わってきました。いわゆる「国際社会」というものが、西側中心の世界であるという現代世界の非対称性をいやというほど感じた、数日でした。

 フランスは非常事態宣言を出して国境を閉鎖し、「これは戦争だ」とオランド大統領が断じて、ISへの空爆を強化し、ロシアも先のロシア民間機墜落はテロによる爆発が原因と断定して、史上最大の空爆をシリアで再開しました。プーチン大統領はフランスを「同盟国」だとまで表現して、テロ対策で連携を強める方向へ転換し、ウクライナ問題で閉め出された「国際社会」に復帰できたようです。

 空爆は、ISへの打撃を加えることになるでしょうが、私は、そういう軍事作戦ではテロは根絶できないと考えています。パリの同時テロは、実行犯たちは米9.11のように海外から入り込んだ人間ではなく、フランスやベルギーなどヨーロッパ諸国内で生まれ、育ち、昨日まで殺害した人々と同じ街で生活していた若者たちです。そして、劇場やレストランで無差別に同胞市民を殺害していく、そのの残酷さでは米9.11を上回っていると感じます。彼らをそこまで追い立て、駆り立てた動機、社会的背景を正面から見つめていかなければならないと考えます。
 ジハードやイスラム帝国の再興などの宗教的理由がレトリックとして語られてはいますが、そこが主原因とする宗教的テロとは思えません。主たる要因はフランス社会、ベルギー社会の中にあるのではないでしょうか。その点を、今後、追求していきたいと考えていますし、そのことでわれわれの社会の闇も照らし出すことができるのではないでしょうか。
 
 現時点で、私の考えに極めて近い記事を教えてもらったので、合わせて紹介します。ニューズウィーク日本版に掲載されたジャーナリストの記事です。
http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2015/11/post-3_1.php

沖縄考201412 (3)沖縄県護国神社2014年12月27日

沖縄考2014.12(3)沖縄護国神社  那覇市奥武山44番地

                         2014年12月27日訪問

 12月27日(土)午前9:30に、今回の訪沖で最も関心を持っていた沖縄護国神社を訪れた。謂うまでもなく、沖縄県護国神社は、県出身の陸海軍軍人軍属にして戦死者または戦病死者、公務に起因した死去者にして、東京の別格官幣社・靖国神社に合祀された祭神を慰霊宣揚するために、昭和15年7月1日創立許可を得、同日、明治27年勅令第22号第1条第1項の規定により沖縄県護国神社と指定されたことに始まる神社である。琉球八社など他の沖縄の神社とは大きく性格を異にしている。この神社が米占領期および本土復帰時にどのとうな対応を迫られて今日に至っているかを知りたいと考えて訪問した。
 応対してくださった宮司・加治順人氏からは、同じく多忙な中を極めて貴重なお話を伺えたのみでなく、貴重な史料『沖縄県護国神社のあゆみ』(平成12年3月27日発刊)を寄贈していただいた。重ねて深謝申し上げます。加治宮司はかつて皇學館大學の専攻科で白山芳雄教授のもとに学び、神職の資格をとった方であり、白山氏は彼を「弟子」とまで呼んでいる。
 今回の訪問で、本神社が他県の護国神社と重要な点で異なる独自性を持っていることが分かった。その第一は、祭神である。靖国および「県の靖国」とも呼ばれる各県の護国神社は、明治時代に招魂社と称した時以来、日本帝国軍人・軍属の戦没者を英霊として祀ってきた。沖縄県護国神社も戦前は同じであったが、昭和20年前半の凄烈な米軍との地上戦で護国神社の社殿等も焼失したが、昭和34年の仮社殿復旧後の祭神合祀で沖縄出身の軍人軍属の戦没者、および他県出身の戦没者を、さらに昭和40年の秋季例大祭では本大戦で犠牲となった沖縄出身一般住民、遭難学童および文官関係戦没者のすべてを祀ったのである。加治宮司も、「平和の礎」のように外国人の慰霊まではしていないが、一般住民の犠牲者を祀っている点が、本神社の特徴であると強調されていた。こうした方向性があったからこそ、社殿復興にあたって、有名な「学童1セント募金」に象徴されるような沖縄住民の幅広い支持を受けることができたのかと理解することができた。 
 第二は、宗教法人としての特徴である。沖縄県護国神社は本土復帰後に日本の宗教法人法の下で「単立宗教法人」となった。つまり他県の護国神社の大半は包括宗教法人「神社本庁」の「被包括法人」となったが、沖縄と京都府の護国神社のみが、独立した各県所轄の「単立宗教法人」となって、現在に至っている。この事実も、ほとんど知られていない。その理由として挙げられたのは、前述の祭神にも明らかなように、単なる護国神社ではなく、すべての戦没者の「慰霊の施設」としての独自性を保ちたかったことにあるという。
 宗教法人としてもう一つの特質は、法人の代表役員に他の神社では神職が就任しているが、本護国神社の代表役員は一般人がなっており、昭和48年12月18日に屋良朝苗沖縄県知事から認証を受けた「沖縄県護国神社」の初代代表役員は具志堅宗精氏である。神職は11人の責任役員の一人として登録され、加治現宮司の父・加治順正氏が事務局長として責任役員の一人となっている。これらの責任役員によって理事会が構成され、代表役員は会長と呼称し、神職は常務理事となる。
 このような役員体制は日本の宗教界においては独特の形態であり、キリスト教の長老派教会に類似した形態である。神職は理事会によって雇われることになる。この点においても、沖縄護国神社は神職・宮司中心のいわゆる神社ではなく、一般の、または「県の」慰霊施設でありたいという意思が垣間見える。

 沖縄県護国神社の復興の歴史は、複雑であった。本土防衛のための凄惨な地上戦での敗北、その後27年間の米統治下においても「宗教団体法」が存続したことにより、各神社は法人格を与えられることもなく不安定なままに放置された。昭和30年代に入って本土の靖国神社国家護持運動の展開に応じる形で、沖縄でも護国神社復興をめざす動きが起こり、昭和32年10月16日「靖国神社奉賛会沖縄地方本部」が結成された。昭和34年12月23日に、それは「沖縄戦没者慰霊奉賛会」と改称し、翌年には財団法人として許可を受けた。その翼賛会の目的の一つに「護国神社の造営」を盛り込んだが、琉球政府から宗教目的は法的にそぐわないという指導があったようで、それを受けて、昭和36年8月28日「沖縄県護国神社復興期成会」という社団法人を別に組織して、護国神社の復興を期すこととなった。
 加治順正氏は、琉球政府の職員として当初の慰霊奉賛会に派遣されたが、その後、神社復興期成会の事務局長として、また復帰後の宗教法人・護国神社の責任役員兼事務局長として、神社再建・復興に長年わたって尽力された。
 以上、伺った話を中心に紹介と記録メモとして記した。今後、さらに精査していきたい(続)。

画像などは下記のfacebookアルバムにて紹介してあります。クリックして訪問していただけると幸いです。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.768631143230723.1073741848.100002515324683&type=1&l=8de190f76c